ガイアゲッターアークン
webアニメ ゲーム スタッフ&キャスト ストーリー紹介 キャラクター紹介 設定資料 掲示板 ダウンロード
ストーリー紹介

 

地球は侵略の危機に迫られていた―
 
 あらすじ

太陽系地球とは遠く離れた、とある星系の惑星『マンガーナ』。
ここは、一人の女王が支配する、まぁ割合平和な惑星だった。
ただ、一つ。第一王子のご乱行さえなければ…。
一人っ子なのをいいことに、やりたい放題、したい放題。
時には、市民や宮殿の人間をも巻き込んでの大騒動。
そこで、女王は、我が子を諌めるため、試練を与えることにした。
そう、『太陽系第三惑星 『地球』 の征服』 を。
(半強制の) お供を引き連れて、アークンは地球侵略を目指し、マンガーナ星を離れることになったワケだが―――??

コンテンツジャパンが放つ痛快のオリジナルエンタテイメントアニメーション!
ドタバタギャグコメディ。


 世界観

太陽系から約8万光年離れた辺鄙な星・マンガーナ星は、その8割が海で覆われた、緑豊かな星である。 残りの2割の土地はすべて王妃・オカーンが統治し、言語・通貨・各種祭事にいたるまで、すべてがひとつの文化圏として統一されている。
気候のおかげか王妃の所為か、争いのない平和な星である。
陸地の中央に王妃の住む宮殿があり、そこが政治の中心になっている。
農業と工業がさかんで文明も高く、テクノロジーも発達している。
宮殿の地下3000メートルのところに、この星全体を管理するスーパーコンピューターがあって、星の気候を24時間休みなく監視し、快適な暮らしを維持するために稼動している。
星の歴史は古く、あらゆる知識をもった文明である。

この話は、はるか銀河系を横切って、与えられた崇高な使命のもと地球にやってきたマンガーナ星王子・アークンと、その仲間たちが繰り広げる一種のファンタジーである。



会員制コンテンツ トップページへ戻る
Copyright(c) CONTENTS JAPAN. All right reserved.